FC2ブログ

青年の樹(1960年)~赤坂見附?~

昭和35(1960)年に公開された、日活制作による作品。
出演は石原裕次郎・芦川いづみ・芦田伸介・北原三枝他、監督は枡田利雄。

和久組(やくざ)の跡取である武馬(石原)は大学に入学早々、一人暮らしをするために下宿を探す。そんな武馬の考えに賛同した明子(芦川)は下宿の世話をする。そんな中、明子の母親が(関係していた政治家の)汚職事件に絡んで出頭を命じられ...自殺してしまう。これを人一倍悲しんだのが、彼女と昔恋人だった武馬の父親(芦田)。その父親も、彼女の葬式帰りに殺され...跡取である武馬は組を解散する。その後、明子の母親の日記が出てきて、それを母親が関係していた政治家が買い取りたいと申し出たり、組の帳簿係だった辰(大坂志郎)が殺されたり...と色々起こった末、武馬は組を再建する決意をする...という内容。

石原慎太郎の原作を、弟の石原裕次郎主演で映画化した作品。
調べてみると...この翌年に勝呂誉主演でテレビドラマ化されていたり、昭和52(1977)年には三浦友和主演でリメイクされていたりします。テレビドラマはかなり人気があったみたいで...是非観てみたいものです。
さて、本作品にも興味深い光景を垣間見ることができて...面白い。

大学に入学した武馬(石原)は一人暮らしをしようとして下宿を探します。そして、それを手伝うのが明子(芦川)。2人はひとまず、赤坂にある明子の実家に向かう...その時に使うのが丸の内線。乗り込む駅は四谷駅。
カメラはホームの新宿寄りから池袋方面へ向かう丸の内線を捉えます。映し出される風景は今とあまり変化がないように見えます。が、やはり高いビルがないだけ新鮮に見えます。


明子の実家は赤坂で料亭を営んでいる...って、当時を知らない身からすると、赤坂に料亭が多く存在していたこと自体に違和感を感じますね。赤坂といえばTBS...くらいの印象しか持っていませんでしたし、今の若い人達からすれば「赤坂サカス」というイメージでしょう。
そういえば、ある年齢以上の人達にとっては、赤坂といえば「大人の街」というイメージだったみたいですが、それはやはり「料亭が多かった」ことから来ているんでしょうね。
作品の中でも、明子に連れられて赤坂に来た武馬が「これが有名な赤坂村か」なんて言うシーンがあります。そっかー、料亭が多い赤坂は「赤坂村」なんて呼ばれてたんですね。初耳でした。

明子・武馬が大学の友人達と夜通し遊び、皆で乗った車で朝帰りしてくるシーン。
「ここでいいよ」と2人が降り、例の「赤坂村」へ向かっていく...ということを考えると、どうも...赤坂見附辺りらしいのですが、現在とは似ても似つかぬ光景が興味深いことこの上ない。
カメラが映している方角は、もしかしたら青山通り(渋谷方面)かもしれません。勿論、首都高なんて存在していません。やたら空が広く、道路には都電の線路と花崗岩の敷石が目立つ...ここが、あの赤坂見附だとは到底考えられません。


明子と武馬がデモ隊に加わって、デモ行進しているシーン...なんていうのは時代を感じさせます。
この作品が公開された年は、日米安全保障条約改定に対する反対運動が最高潮に達した「60年安保」の年。かなりタイムリーなシーンですね。なにしろ、子供達ですら、訳もわからずに「アンポ!ハンタイ!キシヲタオセ!」なんて言って「デモごっこ」をしてた...くらいですから、それこそ国民的関心事だったわけで。もしかしたら...国会前での「あの事件」があったから、このシーンを入れたんでしょうか?気になるところです。


んー、興味深いシーンが観られて面白い。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!