FC2ブログ

青春の風(1968年)~カーホステス~

昭和43(1968)年に公開された、日活制作による作品。
出演は吉永小百合・浜田光夫・和泉雅子・山本陽子他、監督は西村昭五郎。

神戸の短大を卒業した光子(吉永)は実家の小豆島で暮らしていた。一方、友達の愛子(和泉)は神戸で兄圭介(浜田)と暮らしながら働き、峯子(山本)は実家の旅館で花嫁修行をしている。ある日、光子の父親に友人のクーパー氏からハウスキーパーの依頼があり、光子が立候補して神戸へ向かう。光子を愛している圭介は喜ぶが、なかなか求婚できない圭介に光子は歯がゆい...ので、圭介の家に行くことに。しかし、そこには親が勧める結婚を嫌がって神戸に来ていた峯子が...怒った光子は暇をもらって実家へ。そんな光子を励まそうと、愛子が雑誌の企画に乗じて光子を四国巡礼に誘う。圭介も意を決して後を追い...光子と峯子の誤解も解け、圭介は光子に求婚して...という内容。

吉永・浜田コンビに、和泉雅子・山本陽子も加わっての青春モノ。
昭和30年代から40年代前半にかけては、似たような作品が数多く制作されているので...混乱することが多々あります。本作品も「前に観たことあるな」と思ってましたが、実は初見でした...侮れません。
舞台が神戸、時あたかも「大阪万博」の2年前...ということで、東京における「東京オリンピック」直前のような雰囲気が感じられる...そんな気がします。

愛子(和泉)と圭介(浜田)兄弟が住むアパート。愛子が三宮で働いていることから、三宮からそんなに離れていない場所だと思いますが...見事に開発途上の住宅地という感じ。道路の舗装も完全ではなく、いかにも丘陵地を造成した直後、住宅地としての開発もこれから本格化...という光景を見ることができます。
また、光子(吉永)がハウスキーパーをするクーパー家は、もう少し高台の高級住宅地にある...という趣き。しかし、家から少し歩いたところにある「通り」には、ダンプカーがひっきりなしに走行しているのが確認できます。
右肩上がりの高度成長の真っ只中、大阪万博を2年後に控え、都市化・宅地開発が進む当時の関西...そんな光景を象徴するようで興味深い。


ハウスキーパーをするために神戸に戻ってきた光子。久し振りに会う愛子と喫茶店で旧交(ってほどでもないですが...)を暖めます。レンタカーの仕事をしている愛子に対して、光子は「レンタカー・ホステス」なる言葉を放ちます。ホステスって...今なら、クレーム必至で絶対に使えないでしょうね。
まぁ、それまで男性メインだった職種に女性が進出してくると、何でも「ホステス」ってつけてたんだろうな...と、時代を感じさせます。
そーいえば、同じ年の朝日新聞(東京版:12/8付)に「ふえるカーホステス」なんて記事が掲載されている...ことが泉麻人氏の「東京版アーカイブス―「あの頃のニュース」発掘」で確認できます。孫引きすると...

《ソフトムードで給油しますわよ。最近三多摩や都心のガソリンスタンドで、ミニスカート、原色の派手な服装をした若い女性を置くところがふえてきた。名づけて″カーホステス″ ドライバーにとっては「油でよごれたいかつい男性よりも、なんとなくかっこよくて...」と大もてのようだ。》

時代を感じさせる文章...ということはさておき、当時は女性が新たな職種に進出すると「ホステス」って呼ばれたんですかね。他にどんな「ホステス」があったのか...気になります。

また、「レンタカー・ホステス」と言う一方で、光子は「OL」という言葉を使っています。この頃には「BG」じゃなくて「OL」だった、ということですね。
今も普通に使われている「OL」という言葉と、今聞くと珍妙に感じる「レンタカー・ホステス」なる言葉...が同じ台詞の中で使われている、ということが興味深い。なんか...今に続く生活スタイルの出現と、それに伴って無くなっていったものが同居していた「高度成長期」を象徴するようで。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!