FC2ブログ

学園広場(1963年)~アベック歌合戦~

昭和38(1963)年に公開された、日活制作による作品。
出演は舟木一夫・山内賢・松原智恵子・久里千春他、監督は山崎徳次郎。

東京から転校してきた修二(山内)は、伝統・風習が強く残る高校生活に嫌気がさす。特に、一番勇気のある者が被ることができる「勇者の帽子」を嫌ったことから、上級生から目の敵にされる。帽子が紛失した際も泥棒として疑われたり、その抗議で高校に怒鳴り込んだ姉洋子(久里)が水商売だということでクラスメートから白眼視されたり...するも上級生の船田(舟木)だけは優しく接する。そんな中、街にある隅田興業では社長隅田(安部徹)と奥山(由利徹)が公金横領を企てる。そして、ひょんなことから修二が巻き込まれてしまう。が、修二の勇気を認めた上級生・同級生・友人達が一致団結して助け出し、一件落着...という内容。

舟木一夫のヒット曲をテーマにして制作された歌謡映画。
舟木一夫の歌を聴くことができる...という点で、当時の舟木ファンには堪えられない作品だったのではないでしょうか。個人的には...堺正章・谷隼人が生徒役で出演していたり、「俺はあばれはっちゃく 」の母親(久里千春)の若き姿を見ることができたり、第一線で活躍していた頃のトニー谷を見れることの方が堪えられません。

また、冒頭から興味深いシーンが多くて、観ていて飽きることがありません。
冒頭...修二(山内)の通学姿や教室・職員室風景を映しながら、「自分が東京から転校してきたこと」や「いかに田舎にある高校か」といった修二のナレーションが被さります。「裏は畑で肥やし臭い」とか「この古臭い家並み!」といった具合に...

そして、高校の正門が映し出されます。そこには...「高尾高等学校」の文字が...

「た、たかお?」

冒頭からして驚きです。同じ都内なのに、「東京から転校してきた」とか「そんなもん、今時東京じゃ流行らないよ」という言葉が多々出てくるのには、今の目から見ると大きな違和感があります。
現在、中央線で新宿~高尾間の所要時間は約50分。当時の所要時間は今より長かったのかもしれませんが、そんなに大差はないでしょう。それなのに...と考える私達と、当時の人達との「距離感」が大きく異なることが分かります。この「心理的距離感」については、「鰯雲」や「若者に夢あり」でも指摘しましたが、この50年間で日本人の「心理的距離感」が大きく縮んだことに気付かされます。


また、この作品...第一線で活躍していた頃の「トニー谷」の姿を見ることができることも見どころです。
しかも、当時日本テレビで放映されていた人気番組「アベック歌合戦」の公開収録風景まで見ることができるという...これは嬉しい。
これは...船田(舟木)が恋人の智恵子(松原)と、一計を案じて「アベック歌合戦」に出場する、というシーンなのですが、「アベック歌合戦」がどんな番組だったかというと、「完璧版 テレビバラエティ大笑辞典 」によれば...

「とにかく“強烈”のひとことに尽きる番組だった。トニー谷、当時すでに46歳!恐るべきパワーと猥雑さを、今もハッキリと覚えている。大きなロイド眼鏡にチョビヒゲ、つけぼくろ、手にはソロバンを持ち、『あなたのお名前何てェの』という名フレーズで一世を風靡した。出演者のアベックもトニー谷に負けじと悪ノリし、踊りながら自己紹介なんかして、そのあと『そもそも2人のなれそめは』と続く。」

とあります。この本が発売された時に購入して読んだ時以来、「是非観てみたい!」と思っていた番組でした。それが、こんな形で実現しようとは...!
トニー谷と2人の上記やりとりから、2人で「学園広場」、舟木1人で「高校3年生」を歌う姿まで見ることができます。リズミカルなトニー谷に対して、ぎこちなく、リズムに乗り切れないながらも質問に答えていく...なんて姿が面白い。勿論、当時の番組そのままではないのだが、その雰囲気の一端を垣間見ることができるだけでも価値があろうというもの。
ちなみに、ステージ後方に吊るされている看板には「ニッケ アベック歌合戦」とあり、小さい字で右下に「日本毛織」という文字を確認することができます。今では(ほぼ)消滅した「1社提供」番組だったんですね。

いいもん見させてもらいました。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!