FC2ブログ

女の座(1962年)~会話から...~

昭和37(1962)年に公開された、東宝制作による作品。
出演は高峰秀子・笠智衆・杉村春子・草笛光子他、監督は成瀬巳喜男。

雑貨店の「石川屋」は金次郎(笠)・あき(杉村)夫婦に、亡くなった長男の嫁芳子(高峰)と息子健(大沢健三郎)、次女梅子(草笛)・四女夏子(司葉子)・五女雪子(星由里子)という大家族。その他、長女松代(三益愛子)はアパート経営、次男の次郎(小林圭樹)はラーメン店を営み独立している。また、あきは後妻で、松代・梅子は先妻の子...と複雑。そんな一家に様々なことが起こる...九州に嫁いでいた三女路子(淡路恵子)が、会社をクビになった夫と帰ってきて居着いたり...松代のアパートに越してきた六角谷(宝田明)が、あきの初婚時に産んだ子だったり...その六角谷に梅子が惚れるが、六角谷は芳子に惚れたり...挙句の果てには建が列車事故で死んでしまい、石川屋の中では唯一の他人である芳子の居場所がなくなる...が、最後は金次郎・あき夫婦が、芳子と一緒に郊外に住む決意をする、という内容。

とにかく錚々たる出演者達...による、成瀬巳喜男監督らしい「女性(達の人間関係)」を描いた作品。
でも...最後の「金次郎が自分の子供達に呆れて、(他人である)亡き長男の嫁芳子と終生暮らしていく気持ちになる」シーンが、小津安二郎監督の「東京物語」を思い起こさせるのは私だけでしょうか?

そんな本作品においても、当時を感じさせる興味深いシーンがいくつか出てきます...
本作品が公開されたのは昭和37(1962)年。時あたかも、東京オリンピックの2年前...東京中が「造り変えられつつある」当時を象徴する台詞があります。

冒頭、金次郎(笠)の体調が悪いということで、皆が家に駆けつけます。幸い金次郎の具合も大したことなく一安心...そんな時、「オリンピックでこの辺りに高速道路が出来る」といった話題で兄弟達が会話を交わします。「高速道路建設のための立ち退き」...なんてことも言ってます。

考えてみれば...当時(昭和30年代後半)の作品では、「東京オリンピックへ向けて変貌する東京の姿」を多く見ることができます。その代表的な存在が「首都高速」であり、主要道路の拡幅工事や地下鉄工事といった「工事風景」もその一つだと言えます。
しかしながら、本作品のように「(何の変哲もない住宅街の)この辺りに高速道路ができる」とか「(そのための)立ち退き...」という会話(台詞)を聞ける作品は少ないですね。だからこそ、「ほー!」と惹き込まれてしまいました。
完成したばかりの真新しい首都高速を見せられる以上に、ある意味「リアル」に時代を感じさせるシーンと言えます。当時、東京の「あちらこちら」でこんな会話がされてたのかも...と考えると興味深い。

本作品の舞台となっている場所は定かではありません。ただ、芳子(高峰)が六角谷(宝田明)と会うために出掛ける場所が「渋谷」だったり、舞台となる雑貨店の奥に「小田急バス(だと思われる)」を確認できたり...と考えると、世田谷区ではなかろうかと思われます。実際、世田谷区には用賀まで首都高速が、用賀からは東名高速が作られていますし。そうすると、世田谷区どの辺りなのかが気になるところです。

また、芳子と六角谷が会う「渋谷」の風景も確認できます。これは、渋谷駅から大坂上へ向かう「玉川通り(国道246)」ではないか...と思われます。勿論、首都高速が出来る以前の風景。首都高速で蓋をされていないだけで「こんなにも広く感じるものか」というくらい、道幅も空も広いのが新鮮です。

その他、雪子(星由里子)が次郎(小林圭樹)に「かしいじゃってるのよ」なんて言うシーンがあったり、梅子(草笛)の芳子に対する「よろめき夫人」なんていう言葉を聞くことができます。両方とも今では聞かない言葉ですね...って、「かしぐ」は「傾く」ことだというのは、今初めて知りました...
なるほど、「(あの人に)惚れちゃってるのよ」といった意味だったんですね。


作品としても勿論面白い作品ですが、当時(昭和30年代後半)を感じることができる作品でもあります。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!