FC2ブログ

悲しき60才(1961年)~広告効果は?~

昭和36(1961)年に公開された、大映制作による作品。
出演は坂本九・森山加代子・ジェリー藤尾・ダニー飯田とパラダイスキング他、監督は寺島久。

大金持ちの久三衛門(坂本)。40年振りに日本へ帰ってきたのだが、昔の恋人が婆さんになっててビックリ。入れ歯を喉につまらせて天国へ...そこで会った天使(ジェリー)に「生き返らせてほしい。もう一度青春を」とお願いする。天使と久三衛門は身代わり候補の九助(坂本)を観察...電気店に勤める九助はそこの娘加代(森山)と仲良し。九助の兄藤夫(ジェリー)はボクサーだが、電気店の借金を返すために八百長に乗ってしまい追放される。色々あって、今度は九助がボクサーになるが、また八百長を強いられる...が断る。しかも、八百長を仕掛けた星山(潮万太郎)が、加代の父親であることが発覚...と色々起こるものの結局丸く収まり、それを天国で見届けた久三衛門は安心して...という内容。

ダニー飯田とパラダイスキング・坂本九・森山加代子の歌を中心とした「ミュージカル青春劇」とでも言いましょうか...話の途中で何度も(本編のセットと別枠で)ミュージカルショーが繰り広げられます。筋的には「可もなく不可もなく」というか、パラキン・九・森山の歌があればOKということ...っていう作品が成立してしまうのも時代を感じます。
勿論、興味深いシーンも数多くあります。

まず気になったのが、協賛企業でしょうか...わざとらしく度々映されるんですよね、企業名が。
冒頭に銀座の風景が映し出されるのですが、4丁目交差点(和光・三越)を映した後、どこかの店のショーウィンドウが映され...そこには「テイジン」の文字が確認できます。
そして映画の後半、森山加代子が「じんじろげ」か何かを歌うシーン。ミュージカルショウですから、田舎の娘みたいな格好でお寺のセット(だろうと...)で歌い・踊ります。バックには「お雛様を飾る」大きいひな壇が...その階段状になったひな壇にはデカデカと「テイジン」の文字が!ろ、露骨...

セット撮影がメインの本作品ですが、少々ロケシーンも入ってます...が、いずれも「ペプシコーラ」と「東レナイロン リバーソフト」の大看板前で会話しているシーン。そんな所で話す必要性もないのに...ろ、露骨。

冒頭のショーウィンドウでは全然気にもかけてなかったんですが...ぺプシの大看板、東レの大看板と出てくるにつれて「ん~?」となり、ひな壇での「テイジン」が出てきた時には...「おいおい」って感じです。ま、でも、ここまで露骨にされると気持ちいいもんですね。これが普通に行なわれてたことを考えると、むしろ「ほのぼの」してしまうくらいです。

それにしても、当時の観客はどうだったんでしょうか?別段気にならなかったのか..興ざめしてしまったのか...それとも、広告効果抜群で「ペプシ」や「テイジン」の売上がUPしたのか...気になるところです。

そーいえば、森山加代子が「チキンラーメン」を作るシーンなんていうのも登場します。そーです、ドンブリにあけてお湯掛けて...ってアレです。ただ、当時の「チキンラーメン」というのは、今のように「かたまり」ではなく、それこそ「ベビースターラーメン」の如く「バラバラ(と言えばいいのか?)」だったんですね。あれ?「かたまり」になったのは最近でしたっけ?記憶が定かではありませんが、いずれにしても、今の「チキンラーメン」しか知らない身からすると...興味深い。「ベビースター」にしか見えません。
しかも、ここでも商品名連呼で笑えます。「はい、日清のチキンラーメンよ」とか「チキンラーメンは栄養あるのよー」とか...

なんか、作品内容については全く触れずに終えてしまいますが...こうしてみると、テレビが登場してからじゃないでしょうか?映画にタイアップ広告(?)が目立つのは。今だと到底考えられませんが、まだまだ「映画が庶民の娯楽」で、テレビに凌駕されつつあったとはいえ、まだまだ「広告効果が充分だった」ということなんでしょうね。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!