FC2ブログ

プレイガール(1969~1974年)~とにかく70年代~

プレイガール・プレミアム・コレクション・ボックス [DVD]プレイガール・プレミアム・コレクション・ボックス [DVD]
(2003/08/08)
沢たまき他

ご購入はこちらから!

昭和44~49(1969~74)年にかけて東京12チャンネル(現テレビ東京)系列で放映された、東映制作による作品。出演は戸川昌子・沢たまき・桑原幸子・八代万智子他、監督は中川信夫・竹本弘一他。

沢たまき演じる「オネエ」をボスとした、全員が女性で構成された「国際秘密保険調査員」の面々が、毎回色々な事件に立ち向かい、巻き込まれ...事件を解決していく。という内容。
テレビ東京初期のヒットドラマですが、「どこを見ても」70年代雰囲気が満ち溢れている(と個人的に感じる)作品です。ちなみに...1970年に局が発行した番組表にある解説文は以下のとおり。

《主人公は8人のスーパーレディ。保険業務にまつわるいろいろな事件に立ち向かって、ドキッとするお色気や、男顔負けのアクションを展開する粋で洒落たサスペンスドラマです。
特にオネエと呼ばれるボス、沢たまきを始め、應蘭芳、八代万智子、高毬子、真理明美、浜かおる、桑原幸子、范文雀のスレスレのお色気は、男性ファンの眠気をさまさずにはおきません。》

この文章からして時代を感じさせてくれます...
この作品については「プレイガール完全攻略(白夜書房)」が詳しいのですが、それに掲載されている当時の写真がまた興味深い。
例えば...昭和43(1968)年の制作発表記者会見で掲げられた看板には「連続テレビ映画/60分カラー放送」と書かれてます。まだこの時は「テレビドラマ」じゃなかったんですね。あくまでも「テレビ映画」だと。「」という字も、順に赤・青・緑...と殊更に「カラーなんだぞ!」ということが強調されていて、時代を感じさせてくれます。

それにしてもこの作品...どこを観ても、どこから観ても「70年代的」雰囲気が満載。当時をリアルタイムで経験した方々からすれば「どうなのか」は分かりませんが、当時を肌で知らない私からすると「70年代の雰囲気を味わいたかったら、この作品で」という感じです。
それを象徴するのが、プレイガールオフィス。置かれている家具から壁の色まで、「いかにも70年代」という感じで楽しい。当時流行だったサイケ調に影響を受けたポップな色合いやデザイン...今の若い人達が見れば「新しい、クール」な感じを受けるのかも。当時の視聴者も「カッコいい!」って思ったんでしょうか。いや、思ったんでしょう。その他、服装・化粧・髪型...どれをとっても70年代。

さて...個人的に「70年代雰囲気」を代表する作品だ、というのは既に述べましたが、一方で「ありがとう(TBS系)」も70年代を代表するドラマです。ただ、「70年代の雰囲気を感じられる」点では「プレイガール」に軍配を挙げざるを得ません。それは、「ありがとう」がほとんど「スタジオ収録」だったためではないか?と考えています。「ありがとう」でも当然のように70年代を感じられますが、スタジオでなだけに、それらは「用意されたもの」「作られたもの」だったのに比べ、ロケが多かった「プレイガール」の方が当時の雰囲気をダイレクトに伝えてくれるのでは...と考えています。

ロケといえば、この作品は地方ロケも多かったのですが、都内でのロケはやたら「新宿」が登場する頻度が高い印象があります。特に「新宿中央公園」なんて興味深いですね。噴水の周りには、これから成長してくであろう木々があって、公園の周囲には...何にもない、造成された原っぱだけ。今からは想像も難しいであろう光景です。
「そこに今まであったもの」、例えば山とが池とか川...が壊され、造成され、都市や住宅が作られる...というのが、それこそ「高度成長期」を象徴する一つであり、70年代後半以降のテレビドラマで「高層ビル」が次々と完成していく姿が映し出されるのを観ていくと、大変興味深いものがあります。

theme : 懐かしいテレビ番組
genre : テレビ・ラジオ

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!