FC2ブログ

あじさいの歌(1960年)~千駄ヶ谷が...~

昭和35(1960)年に公開された、日活制作による作品。
出演は石原裕次郎・芦川いづみ・東野英治郎・轟夕起子他、監督は滝沢英輔。

商業デザイナーの藤助(石原)はある日、足をくじいた頑固老人の源十郎(東野)を家まで背負って送る。そこで出会ったのが源十郎の一人娘けい子(芦川)。源十郎は妻いく子(轟)に駆け落ちされたことから、けい子に外出をさせずにいたが、年頃ということもあり、女子大生のり子(中原早苗)に友達になってもらうことで徐々に社会との繋がりを持たせようとする。そんな中...藤助が撮ったけい子の写真がいく子との接点になったり、藤助とのり子の兄(小高雄二)がけい子に惚れたり...色々と起こるが、偶然にもけい子・いく子の母娘対面が実現、藤助とけい子も結ばれ..と丸く収まる、という内容。

石原・芦川コンビによる日活青春作品のひとつ。この時代の作品にはよく見られる「石坂洋次郎」原作モノ。アクションとかサスペンスといった作品でないだけに、バックに映し出される「当時の姿・風景」をじっくりと観察できていいですね。

この作品、都内各所でロケされているのが分かるのですが、今の目か見ると意外に思えるのが「千駄ヶ谷」の位置付けじゃないですかね。藤助(石原)が住んでいるアパートがあるという設定で、そこに遊びにくるけい子が千駄ヶ谷駅から出てくるシーンもあって、当時の駅外観とかを見ることができます。ま、ここまでは普通ですが...けい子の母親で、大阪で旅館をやっているいく子(轟)が「東京で連れ込み旅館をやりたい」というシーンがあります。「連れ込み旅館」って、今で言う「ラブホテル」ですよね...で、その候補地として挙がるのが千駄ヶ谷なんです!
調べてみると...当時の千駄ヶ谷って今で言う「ラブホテル街」だった、って言うじゃないですか。当時を知らない者からするとかなーり意外ですね。
開高健氏の著作で、昭和38~39年にかけて「週刊朝日」に連載された「東京をルポしたもの」をまとめた「ずばり東京」という本があります。その中の「師走の風の中の屋台」という章で、神宮外苑の屋台における開高氏とあるカップルの会話で「千駄ヶ谷」が出てくるんです。

「いいねぇ、このお二人」
「いやァん」
「これから千駄ヶ谷です」
「これはまた率直ですな」

という具合に...
この本の解説で泉麻人氏が「若い読者は、この流れで千駄ヶ谷と言われてもピンとこないだろうが、昭和40年代前半頃まで、鳩森神社の周辺には(中略)連れこみ旅館が密集していたのだ。千駄ヶ谷イコール、そういうことだったのである。」と書かれています。最初に読んだ時は「へぇ~」と驚きましたが、本作品を観てそれを再確認できた次第です。
それにしても、当時を知らない者からすると「千駄ヶ谷」と言えば、「国立競技場等への最寄駅の一つ」という感じで、今で言う「ラブホ街」だったとは到底想像も出来ませんね。いやー意外。

他にも色々と興味深いシーンがあるのですが、やはり「千駄ヶ谷」が意外過ぎて...興味深くて...



theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!