FC2ブログ

東京おにぎり娘(1961年)~新橋・新宿~

昭和36(1961)年に公開された、大映制作による作品。
出演は若尾文子・中村雁治郎・川口浩・川崎敬三他、監督は田中重雄。

新橋にある「テーラー直江」。店主の鶴吉(中村)が昔気質のため、時代に取り残されて売上はサッパリ。そこで娘のまり子(若尾)は、店を改造して「おにぎり屋」を始めて大盛況。そんな中、叔母(沢村貞子)が、まり子と幼馴染の五郎(川口)との結婚話を持ちかける。五郎に少なからず好意を抱いていたまり子は満更でもない様子。しかし、五郎が勤める劇場の踊り子みどり(叶順子)が、鶴吉が別の女性に産ませた子(まり子との異母姉妹)だと判明して大騒ぎ。結局、五郎はみどりが好きだということで、まり子は失恋...するが、鶴吉のかつての弟子で、今は独立・成功して「昔の恩返し」で「おにぎり屋」の開店資金を貸してくれた幸吉(川崎)と...という内容。

この作品は、新橋・有楽町・新宿でロケされているので、バックの風景を見ているだけで興味深くて楽しいですね。
まず、新橋。
「テーラー直江」の近所ということで、烏森神社が二度三度と登場します。勿論、改修される以前の姿であり、現在とは全然と言っていいほど雰囲気が違うのが新鮮です。また、新橋駅の烏森口(現SL広場)も映し出されます。現在では、TVでサラリーマンにインタビューするのはココ!という印象が強いですが、昔はステージがあり、そこでは選挙演説やNHKの「のど自慢」もやってた(!)とのこと。で、ステージ下が馬券売場だったとのこと...だから、鶴吉(中村)がここで馬券買ってるんですね。

で、新宿。
まり子(若尾)の叔母(沢村)が店を出しているのが新宿で、しかも、五郎(川口)が勤める劇場があるのも新宿(ということは、コマ劇場でしょうか?)ということで、こちらも二度三度と映し出されます。若尾が叔母の手伝いにやってくるために、地下鉄乗り場へ通じる階段から地上に上がってくるシーン。
副都心線は勿論のこと、都営新宿線も都営大江戸線も開通していない当時、これが丸の内線なのは間違いないでしょう。背景を見ると駅前という感じでもないので、新宿三丁目駅辺りでしょうか...高い建物が少ないので、やけに空が広く見えます。これは、昭和30年代の東京について書かれた本などでは頻繁に指摘されていることですが、さすがにそうですね。ただ、指摘されているのが「懐かしい」という観点なのに対して、私にはただ「新鮮」なんです。
そして、まだボンネットバスの都バスや、関東バスが映っています。都バスのカラーリングが「クリーム色に赤帯」というのも興味深いですね。私が物心ついた頃には「白地に青帯」でしたから。また、関東バスは、子供時代を杉並・中野近辺で過ごした人には思い入れが強いのではないでしょうか?私自身、「おぉー!関東バス!」と声を上げましたから...都バス・東急・京王...と、カラーリングを変えているバス会社が多いのにも関わらず、カラーリングが基本的に今と変わっていないのも逆に新鮮です。

最後は有楽町。
若尾が店を手伝ってくれている幼馴染(ジェリー藤尾)と買い物から帰ってくるシーン。完成して間もないであろう首都高を、数寄屋橋近くの泰明小学校近辺から見ることが出来ます。首都高の向こう側には日劇の姿も...


作品自体がシリアスな内容でないだけに、バックに映る「当時の東京」を存分に観察することができる、個人的に良い作品でした。

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

comment

Secret

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!