FC2ブログ

結婚の条件(1963年)

1963(昭和38)年に公開された、日活制作による作品。
出演は浅丘ルリ子・二谷英明・南田洋子他、監督は斎藤武市。

姉夫婦と一緒に住んでいるまひる(浅丘)は、丸の内の会社に勤めるタイピスト。その美貌から、会社の同僚である矢貝(小高雄二)・義兄史郎(二谷)の部下である三好(山田吾一)より相次いで好意を寄せられる。ある日、残業で遅く会社を出たまひるは、史郎に似た男が(姉ではない)女性と歩いているのを見かける。早速、三好に相談したところ、三好が行きつけのバーのマダム(奈良岡朋子)から耳にした、史郎と瑛子(桂木洋子)という女性についての話を聞く。まひると三好は、2人が落ち合うと考えた東京駅で待ち伏せ、4人で話し合うことに...事態は大事にならずに済んだのだが、なぜか瑛子に親近感を抱くまひる。姉夫婦が海外勤務になったタイミングで、瑛子に矢貝・三好のことなどを相談するようになり...という内容。

浅丘ルリ子を軸に、二谷英明らが脇を固める恋愛映画。主人公である浅丘ルリ子をめぐる結婚話に二谷英明演じる義兄の不倫問題が絡むことで、単なる恋愛モノで終わらない作品となっている。そして...当時23歳、大人の女性へと変わりつつある浅丘ルリ子の美しさが目立つ作品。そんな中にも当時の光景を垣間見ることができて興味深い。


more...

スポンサーサイト

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!