FC2ブログ

羽織の大将(1960年)

昭和35(1960)年に公開された、東宝制作による作品。
出演はフランキー堺・加東大介・桂小金治・団令子他、監督は千葉泰樹。

落語家になることを決心した忠夫(フランキー)は、桂五楽(加東)に弟子入りする。小文という名をもらい、兄弟子の小丸(小金治)について前座修行が始まる。てっきり法律事務所に勤めていると思っていた母親(梅野公子)の怒りを買うも、五楽が間に入り、妹勝子(原知佐子)とアパート住まいを始める。そんなある日、小文の即興漫談を見たプロデューサーに気に入られてラジオ・テレビに出演するようになる。一気に売れっ子となった小文、学生時代の友人(藤木悠)の選挙応援を手伝ったはいいものの、選挙違反の片棒を担いだということで逮捕されてしまう。なんとか釈放されるも、マスコミからは干されてしまい、兄弟子である小丸とも喧嘩になり...という内容。

最近、日活創立100周年記念として再度公開された「幕末太陽傳」の居残り佐平次と同様、はまり役ではないかと思われる、フランキー堺主演作品。桂文楽が本人役で出演していて高座姿も観ることができる他、司会・タレント姿しかしらなかった桂小金治の高座姿も観られる...など見所満載な作品。また、当時の世相・光景も垣間見ることができて興味が尽きない。

more...

スポンサーサイト

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!