FC2ブログ

大学の若大将(1961年)

大学の若大将 [DVD]大学の若大将 [DVD]
(2005/10/28)
加山雄三・星由里子他

詳細はこちら!

昭和36(1961)年に公開された、東宝制作による作品。
出演は加山雄三・星由里子・田中邦衛・有島一郎他、監督は杉江敏男。

京南大学に通う雄一(加山)は、水泳部のエースで人気者。実家は麻布で歴史あるすき焼き屋「田能久」。合宿費を稼ぐために企画したダンスパーティがきっかけで澄子(星)と知り合う...も、部員で打ち上げをするために実家から商売用の肉を持ち出して、父親の久太郎(有島)に勘当されてしまう。そのため、芦ノ湖のボート小屋に泊まりながらバイトを始める。偶然にも仕事で澄子も芦ノ湖に来ていて再開...するが、澄子に惚れていた石山(田中)が言葉巧みにボートに誘い、沖合いで強引に迫る...が、間一髪のところで雄一が助ける。そんな時、偶然にも溺れていた親子を助け出すのだが、その親子から娘と結婚して欲しいと頼まれたりして、それを知った澄子がまた嫉妬したりする...と色々なことが起こるが、最後は丸く収まる...という内容。

昭和36~46(1961~71)年にかけて全17本制作された「若大将シリーズ」の第1作目。主題歌をデューク・エイセスが歌ったているためか、なんか印象が違うな...と思わせるオープニングだが、始まってみれば、若大将シリーズならではの予定調和的展開が繰り広げられ、安心して「映し出される当時の光景・風俗」を観察することができる。

more...

スポンサーサイト

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

真白き富士の嶺(1963年)~「...てよ」~

昭和38(1963)年に公開された、日活制作による作品。
出演は吉永小百合・浜田光夫・芦川いづみ・宮口精二他、監督は森永健次郎。

病院を退院した梓(吉永)は、父親(宮口)・姉の梢(芦川)とともに転居したばかりの逗子の家で養生することになる。退院できたことに喜ぶ梓だったが、父親と梢は「先が長くない」ことを悟っていて気持ちは複雑。ある日、庭の水撒きをしていた梓は、道を歩いていた高校生の一夫(浜田)に誤って水を掛けてしまう...が、それが切っ掛けで知り合った2人は惹かれあう。そんな中、入院中から梓宛に届いてた手紙を、梓の外出中に梢が読んでしまい、ラブレターだと分かって驚く。そして、差出人であるMTを突き止めようとする。しかし、MTというのは架空の人物で梓が自分で書いていたことを梓が告白...そして、梓は死んでいった...という内容。

日活お得意の吉永・浜田コンビによる作品。タイトルは「ヨット転覆により、12人の(旧制)中学生が死亡した」という実際に起こった事故を歌った曲で、昭和15(1935)年・昭和29(1954)年には映画化もされています。が、本作品は曲の内容とは関係ない内容。吉永・浜田コンビの作品ということで、内容は予定調和的で、ある意味安心して「映し出される当時の光景等」を観ることができる作品。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

赤い殺意(1964年)~冬は冷蔵庫を...~

昭和39(1964)年に公開された、日活制作による作品。
出演は西村晃・春川ますみ・露口茂・赤木蘭子他、監督は今村昌平。

主婦貞子(春川)は、夫吏一(西村)の出張中に強盗に入られて犯されてしまう。それを苦にして死のうとするが、子供のことが気にかかって断念し、そのことを吏一に言おうとするもタイミングを逃す。そんな時、あの強盗平岡(露口)に押し入られて抱かれてしまう。ある日、デパートに行った貞子は偶然にも平岡に声を掛けられ、咄嗟に逃げる...も、その様子を吏一の同僚で愛人の義子(楠侑子)に見られたり、吏一に隣家の大学生と不倫しているのではと疑われたり...と色々なことが起こる。意を決した貞子は平岡に会いに行って関係を清算しようとする...が、心臓の病気だった平岡は発作によって死んでしまう。しかも、2人の関係をカメラに収めようとしていた義子も不注意から車に跳ねられて死んでしまい...またいつも通りの生活が始まる、という内容。

今村昌平監督の代表作の一つであり、恩地日出夫監督に「古今東西あらゆる映画の中でベストワン」と言わしめた作品。因習に縛られた弱い立場から、次第に自立してたくましくなっていく貞子(春川)の様子が秀逸。
後に、昭和41(1966)年・昭和50(1975)年・平成3(1991)年と3回もTVドラマ化されてたんですね...観たことありませんが。
さて...本作品でもいくつか興味深い場面を見ることができます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

警視庁物語 白昼魔(1957年)

昭和32(1957)年に公開された、東映制作による作品。
出演は永田靖・堀雄二・神田隆・南原伸二他、監督は関川秀雄。

赤坂で外人が射殺され、車が盗まれる事件が発生。警視庁捜査一課が捜査に乗り出す。車から採取された血痕から結核患者であることと、持ち去られた8ミリ映写機から犯人を割り出す。彼から盗難車を大坂で売却していることをが判明...するも、仲間の男は既に姿をくらましていた。その後の捜査から別の犯人仲間を割り出した...その時、新たに車が盗まれる事件が発生。そこにはまた例の血痕。捜査陣の不断の努力で犯人の居所を掴み、銃撃戦の末逮捕する...という内容。

以前にも取り上げた「警視庁シリーズ」の1本。これは全24作中の4作目。
内容はどれも「殺人事件を捜査する捜査一課」の姿を描いたオーソドックスなもので、スター俳優が出演していないだけに、正直言って地味。まぁ、だからこそ「当時の何気ない光景」を観察することができて面白い。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!