FC2ブログ

煙突の見える場所(1953年)~イントネーション~

煙突の見える場所煙突の見える場所
(2005/09/22)
上原謙・田中絹代他

商品詳細を見る

昭和28(1953)年に公開された、新東宝制作による作品。
出演は上原謙・田中絹代・高峰秀子・芥川比呂志他、監督は五所平之助。

千住にある通称「おばけ煙突」の近くに住む、隆吉(上原)と弘子(田中)夫婦。2階にはお互い独身の仙子(高峰)と健三(芥川)が下宿している。至って平凡な夫婦と下宿人だが、ある日、隆吉が仕事から帰ると捨子の赤ん坊が寝かされているのを見て驚く。それは、戦災で死別したと思っていた弘子の前夫が別の女性に産ませた子だった...が、家中が大騒ぎとなる。夫婦喧嘩になったり、赤ん坊が病気になったり...と様々な問題が起こるが、最後は丸く収まる...という内容。

「懐かしい昭和の東京」といったものを扱う書籍・文献では、必ず登場する「おばけ煙突」。正式名称は「千住火力発電所の煙突」で、昭和39年まで存在したとのこと。4本ある煙突が、見る場所によって1本~4本に見えたから「おばけ煙突」と...この作品では3本に見える場所が舞台となってます。
しかし、個人的に気になったのはソレではなく、別なモノでした。

more...

スポンサーサイト

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

女房学校(1961年)~死語~

昭和36年に公開された、大映制作による作品。
出演は山本富士子・叶順子・朝丘雪路・川口浩・川崎敬三・森雅之他、監督は井上梅次。

料亭女将の松代(山本)は、夫(森)が金魚の研究に没頭して仕事をしないことに怒って追い出してしまう。エリートサラリーマン菊川(川崎)を夫に持つ経子(叶)は、仕事に没頭する夫に愛想を尽かして、初恋相手である高野(川口)と一晩飲み明かす。高野はTVプロデューサーのまり(朝丘)とドライな契約結婚をしているが、すれ違いの生活に不満で経子の誘いに乗る...そんなことから起こるドタバタの末、松代の父(小沢栄太郎)・経子の父(千田是也)とバーのマダム(月丘夢路)が一計を案じて...丸く収まる...という内容。

大映人気女優3名に、川口・川崎というお馴染みのコンビだけでなく森雅之も絡む...という結構豪華なコメディ作品。セットで撮影されている割合が高いので、当時の東京風景を垣間見るという点では不満ですが、出演陣が言う台詞に興味深い点が散見されます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ(1962年)

スーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえスーダラ節 わかっちゃいるけどやめられねえ
(2005/10/28)
クレージー・キャッツ、川口浩他

商品詳細を見る

昭和37(1962)年に公開された、大映制作による作品。
出演は川口浩・川崎敬三・クレイジーキャッツ他、監督は弓削太郎。

大学の友人同士である石橋(川口)と夢田(川崎)は、同じ会社に新入社員として入社。直後、3ヶ月後の社長渡米の随行員に、新入社員7名のうち2名が選ばれることになる。出世の近道ということで全員が張り切る...ものの、進入社員達には色々な誘惑や問題が巻き起こる。最終的に、石橋・夢田以外の新入社員は脱落して2人が随行員となる...はずが、渡米自体が中止となる。しかし、2人とも最愛の女性と結ばれることになり、万事めでたし...という内容。

クレイジー・キャッツ映画の原点的作品で、「無責任シリーズ」や「日本一シリーズ」に先駆けて制作・公開された作品。とは言っても、全編を通して出演しているのはハナ肇くらいで、他のメンバーは数ヶ所くらいしか出演してません。が...この作品、昭和30年代的サラリーマン風俗を垣間見ることができて、観てて興味は尽きません。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

朝の波紋(1952年)~須田町・六本木他~

昭和27(1952)年に公開された、新東宝制作による作品。
出演は高峰秀子・池部良・岡田英次・三宅邦子他、監督は五所平之助。

貿易会社の社長秘書をしている篤子(高峰)は、英語が堪能で仕事の評価も高い。そんな彼女は2人の男性から好意を寄せられる。同僚の梶(岡田)と、篤子の家で預かっている親戚の子供健ちゃんが仲良くしている、近所に住む伊能田(池部)の2人。ある日、篤子はかなり大きな契約を獲得して奔走するが、伊能田が勤める大会社が妨害する。伊能田が手を回していると篤子は思っていたが、それは誤解で逆に伊能田が解決に尽力する。そんな中、家出をした健ちゃんを一緒に探し出す...ことから2人は丸く収まる...という内容。

戦後7年目...連合国による占領が解かれて、ようやく独立した年に公開された作品。高度経済成長はまだ先、「もはや戦後は終わった」と言われる4年前の東京の姿がいたるところで観ることができます。しかも、隅田川や浅草といった所謂「定番」な場所だけでなく、それ以外の場所を確認することができる作品です。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

林檎の花咲く町(1963年)~青山通り~

昭和38(1963)年に公開された、東宝制作による作品。
出演は白川由美・藤木悠・中丸忠雄・高石かつ枝他、監督は岩村克己。

東京の音大を卒業した桂子(白川)は、秋田の高校に音楽教師として就職する。が、これは本家の養女となるためであり、本人はすぐにでも東京へ戻ろうと考えている。音楽を教える傍ら、3年E組の副担任になったり、生徒達の希望でバレーボール部のコーチになったりする。が、そんな中...年配教師達との価値観の違いに戸惑ったり、生徒達の進路問題(進学・就職)に悩んだり、生徒達が問題を起こしたりする。また、独身教師(藤木・中丸)に好意を寄せられたり...と様々なことが起こる中、東京に戻ることなく教師を続けていく決心をする...という内容。

秋田を舞台にした、地方に住む高校生事情も絡んだ青春ドラマ。デビュー直後の峰岸徹が「峰健二」の名前で出演していたり、その後、科学特捜隊(ウルトラマン)のイデ隊員となる二瓶正典が出演していたり...と結構楽しめます。「そっか、イデ隊員は農業高校を卒業して科特隊に入ったのかぁ」と...

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

歌う不夜城(1957年)~第一京浜と死語~

昭和32(1957)年に公開された、東宝制作による作品。
出演は江利チエミ・雪村いづみ・宝田明・久保明他、監督は瑞穂春海。

ハル子(江利)とアキ子(雪村)は劇場で踊り子として頑張っている。が、会社重役をしているハル子の父(若原雅夫)は大反対。ミュージカルショウの主役をアキ子からハル子に変更させ、新聞各紙にレビューでハル子を貶すように仕向ける...ものの、逆に新聞はハル子を絶賛する。しかし、主役は元々はアキ子だったことを偶然知ったハル子は、次回のショウを仮病を使ってアキ子へ譲る。しかも、ハル子は踊り子をやめることも考える...も、周囲の協力によって全てが丸く収まる...という内容。

三人娘のうち、美空ひばりを除いた2人をメインとしたミュージカル映画。日劇では実際にショウとしての興業もあったとのことです。東宝スター総出演!ということで、越路吹雪・小坂一也・池部良も出演。ただ、小坂一也のバックにある書割がかなーりしょぼかったり、池部良に台詞があるわけでもなく黙々と踊る姿に眩暈が...ということは言えません。設定上、劇場内のシーンが多いのですが、それでもロケされているシーンでは、バックに映し出される当時の風景に反応してしまいます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

おかあさん(1952年)~向ヶ丘遊園~

おかあさんおかあさん
(2007/08/20)
田中絹代・三島雅夫他

商品詳細を見る

昭和27(1952)年に公開された、新東宝制作による作品。
出演は田中絹代・香川京子・岡田英次・三島雅夫他、監督は成瀬巳喜男。

洗濯屋だった福原家は戦災で焼け出されるが、父親(三島)・母親(田中)・長女(香川)が各々仕事に励み(父は工場の守衛、母は露天で飴売り、長女も露天でアイス売り)、父親の弟子だった木村(加東大介)も加わって、ようやく洗濯屋を再開する。長女は近所にあるパン屋の息子(岡田)との仲も順調...そんな矢先に病弱だった長男(片山明彦)が亡くなり、父親も無理がたたって倒れて亡くなってしまう。母親は木村の手解きを受けながら、長女と共に店の切盛りをする。そんな中、将来のことも考えて次女を養女に出すことになり、預かっていた甥も引き取られることが決まったりして寂しくなるが、小僧さんを迎えて心機一転...といった内容。

香川京子演じる長女の目から見た「母親もの」といった作品。内容的には重たそうなんですが、結構明るくコミカルに描かれてます。時代的には高度経済成長期に突入する直前であり、高度成長期特有の雰囲気は見られませんが、個人的にはかなーり興味深い風景がありましたね。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

昭和30~40年代と昭和50年代以降

なぜか昭和30~40年代って面白い。なぜか昭和50年代以降は殆ど興味がない。昭和30~40年代の映像(映画・TV番組・CM)を飽きずに観てしまいます。しかし、昭和50年代以降(特に西暦で言えば1980年代以降)の映像にはさほど興味が湧きません。

昭和30~40年代と言えば「高度経済成長期」...この時代に現在の都市インフラや生活スタイルが「一気に」出現したんですよね。「一気に」というのがミソですよね。これが「徐々に」だったら、あの時代はそんなにインパクトがあったという印象は持たれなかったと思いますね。
でも、「時代の変化」ってことで言えば、「江戸時代末期~明治維新にかけて」とか「戦国時代」の方が激しかったんだろうと思うんですよね。それなのに...個人的には、それらの時代にはトンと興味が持てないんです。

なぜなんだろう...


more...

theme : 雑記
genre : その他

牛乳屋フランキー(1956年)~代田近辺~

昭和31(1956)年に公開された、日活制作による作品。
出演はフランキー堺・市村俊幸・小沢昭一・坪内美詠子他、監督は中平康。

六平太(フランキー)は、遠縁である香苗(坪内)がやっている経営不振の牛乳屋を建て直す、という命令を祖父から受けて上京する。しかし...店には50万円の借金があったり、従業員の新吾(小沢)がライバル店に移ってしまったり、という状態。そんな中、サービス精神旺盛な六平太はお得意様を着実に増やしていく。だが...ライバル店の店長が愛人(に狙っている)と結託し、借金を盾にして店をバーにしようとしたり、と色々な危機が起こる...ものの、最後は丸く収まる...という内容。

フランキー堺がシリアスな役もこなすようになる...以前、本当の喜劇役者だった頃のドタバタ喜劇。
個人的には「幕末太陽傳」でのフランキー堺が最高!だと思っていますが、この作品も以前から観てみたいと思っていました...別な理由で。それは、昭和30年代の東京を題材として取り上げることの多い泉麻人氏が、著書の中で「牛乳屋フランキーには当時の新代田周辺が映ってる」という主旨のことを書かれていたからなんです。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

太陽にほえろ!(1972~86年)その1~駅、建設中~

太陽にほえろ! ジーパン編I DVD-BOX太陽にほえろ! ジーパン刑事編I DVD-BOX
(2003/07/05)
松田優作・石原裕次郎他

商品詳細を見る

昭和47~61(1972~86)年にかけて日本テレビ系で放映された、東宝テレビ部製作による作品。出演は石原裕次郎・萩原健一・松田優作・露口茂他、監督は竹林進他。

14年間に渡って放映された、言わずと知れた「刑事ドラマの金字塔」的作品。石原裕次郎演じる藤堂係長以下、七曲署捜査一係の刑事達の活躍を描いたドラマ。構想段階から「刑事を主役とした青春アクションドラマ」として考えられていたため、刑事達の若さ・青春を中心に描かれていました。特に、若手についてはドラマの中で成長していく過程が描かれていました。

昭和30~40年代に関心を持つ私からすると、正直言って「マカロニ(萩原健一)」「ジーパン(松田優作)」編くらいまでしか興味がありません。別に、それ以降の内容がつまらない...とかではありません。
で、今回取り上げるのは第94話(昭和49年5月3日放映)「裏切り」です。個人的に興味深いシーン(風景)を見ることができました。

more...

theme : 懐かしいテレビ番組
genre : テレビ・ラジオ

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!