FC2ブログ

あゝ青春の胸の血は(1964年)~戸田橋~

昭和39(1964)年に公開された、日活制作の作品。
出演は山内賢・泉雅子・舟木一夫・東野英治郎他、監督は森永健次郎。

大学のボート部員である邦夫(山内)は、練習場の近くで友子(泉)と出会う。友子は近くの玩具工場で働いていて、邦夫とは身分(住む世界)が違うのだが、邦夫は徐々に友子に惹かれていく。友子は不良上がりであることを隠しながらもデートしたりする...が、邦夫は友子の以前の不良仲間から彼女の過去を知ることになって悩む。その後、友子は工場での盗難事件の嫌疑で馘になったり、邦夫の父親(東野)が金銭で彼女と別れさせようとしたり...と色々なことが起こるものの、二人の愛の力は大きく、最後は丸くおさまる...と。

山内・泉コンビによる青春歌謡ドラマです。当時の日活における「青春路線(と言っていいのかな)」では吉永小百合・浜田光夫コンビが有名ですが、このコンビも「いい線」いってたんじゃないでしょうか?前回・前々回で取り上げた「二人の銀座」では、二人が歌った同名主題歌がヒットしたぐらいですし。
さて、この作品は歌謡ドラマということで、舟木一夫がちょこっと絡んでいます。こーゆーの多いですよね、舟木一夫は。本作品ではクリーニング屋ですが、吉永・浜田コンビ主演の作品では中華料理屋だったですね。で、お約束ということで劇中で唐突に歌いだすんですよね...今の目から観ると違和感がありますが、当時は歌うシーンだとファンは「ステキ!」なんて感じだったんでしょうか?

more...

スポンサーサイト

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

東京ナイト(1967年)その2~都内各所~

前回、昭和40(1965)年前後の「第1次演芸ブーム」に伴う落語家2人の出演について書きましたが、そのテーマに終始してしまいました...この作品、「東京ナイト」というタイトルだけあって、当時の東京における主要スポットも色々と登場しています。

同年に公開された、前作「二人の銀座」はタイトル通り「銀座」をメインとしており、銀座4丁目を走る都電や数寄屋橋交差点の姿を確認することができます。が、本作品では銀座を含め、色々な場所の当時の姿を確認することができます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

東京ナイト(1967年)その1~演芸ブーム~

昭和42(1967)年に公開された、日活制作による作品。
出演は泉雅子・山内賢・和田浩治他、監督は鍛冶昇。

京都で舞妓をしている小はな(泉)は家(菊の屋)を継ぐのが嫌で家出し、偶然通りかかった長距離トラックの荷台に潜り込んで東京へ向かう。東京の運送会社に到着した小はなは、そこの息子である健(山内)達が組んでいるバンドがヴォーカルを事故で欠いて困っているのを知って、代役を頼まれて承諾する。それからはバンドメンバーの家を転々としながらも、自分同様に家を継ぐことを嫌って、恋人と駆け落ちした姉(長内美那子)を探す...という本来の目的を敢行。健達の協力もあって姉と再会するも、小はなが想像していた生活ではなかったので失望...するも、姉が実の姉妹ではないことや、姉の本当の気持ちを知り...仲直り。京都に戻って家を継ぐことを決心する...という内容。

泉雅子と山内健のデュエット曲「二人の銀座」がヒットしたことで、同タイトルで映画化されたのが昭和42(1967)年。本作品は、前作のスタイルを踏襲して曲と映画をセットにして放ったのでしょう。しかも「熱いうちに」ということで、同年に..
ということで、内容自体は予定調和といいますか...推して知るべし、といった感じでしょうか。まぁ、個人的には色々と観察できる余裕がある作品と言いましょうか...好きですね。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

風車のある街(1966年)~タイアップ他~

昭和41(1966)年に公開された、日活制作による作品。
出演は吉永小百合・浜田光夫・芦川いづみ他、監督は森永健次郎。

日活が数多く残した、「吉永・浜田コンビ」による純愛路線の一本。短大を卒業して保母となったまり子(吉永)と、オランダの工学大学へ留学するための旅費を稼ぐために建設現場で働く石倉(浜田)。ひょんなことで知り合うのだが、まり子には婚約者がいる。まり子は石倉と出会った当初は「ずうずしい」としか思っていなかったが、石倉が子供好きであることや、干拓技術を学ぶためにオランダ留学を目指すひたむきさに心惹かれる。石倉がオランダへ渡った直後、まり子もミュンヘンで開催される「国際保育学会」に参加するチャンスを得る。学会参加後、オランダで石倉と再会して愛を誓う...が、まり子の婚約者もオランダにやってくる。石倉はまり子に疑念を持ったり、その婚約者が事故を起こしたり...と色々なことが起こる中で、石倉は自分から身を引く...が、まり子は石倉を選ぶ...という内容。

他の吉永・浜田コンビ作品同様、本作品も予定調和的に進むので、じっくりと背景等を観察することができます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

ウルトラマン(1966~67年)~谷町JC~

DVD ウルトラマン全10巻セットDVD ウルトラマン全10巻セット
(2007/10/26)
小林昭二.黒部進.石井伊吉他

商品詳細を見る

昭和41~42(196~67)年にかけてTBS系で放映された、円谷プロダクション制作による作品。出演は小林昭二・黒部進・石井伊吉・桜井浩子他、監督は円谷一・実相寺昭雄他。

言わずと知れた特撮テレビ番組であり、巨大変身ヒーローの元祖かつ代名詞的存在となっている番組です。本放送時は私は生まれていないので、リアルタイムでは経験していません。幾度となく再放送されているウルトラシリーズですので、幼少期に観ているとは思いますが、記憶にあるのは「セブン」「エース」「レオ」が強かったりします...

さて、「ウルトラマン」は1話から39話までありますが、今回は35話「怪獣墓場(1967年3月12日放映)」を取り上げます。ここで登場する怪獣が「シーボーズ」なんですが、これが地球侵略とか地球破壊とかといった意志があるわけでなく、宇宙に帰りたがっている怪獣。

more...

theme : 懐かしいテレビ番組
genre : テレビ・ラジオ

こゝから始まる(1965年)~後楽園?他~

昭和40(1965)年に公開された、東宝制作による作品。
出演は星由里子・司葉子・団令子・三益愛子・夏木陽介他、監督は坪島孝。

小学校の先生をしている都(星)は、四人姉妹の末っ子。年頃ではあるが独身主義を貫いており、母親(三益)が結婚を勧めるも耳を貸さない。というのも、既に結婚している三人の姉達(司・団・村松英子)が、それぞれ結婚生活に満足していない姿を見ているため。そんな中で母親は、自分の勤める会社の若手社員である熊本(夏木)を都と引き合わせようとする。熊本は都に一目惚れして猛アタックするが...そんな時、三人の姉達が各々の理由で家を飛び出して実家に戻ってくる。結局、三人の姉達とその夫(小泉博・宝田明・佐藤充)、都と熊本、母親が一堂に会して喧喧諤諤。が、たまりかねた母親が愛想を尽かして「再婚する!」と出て行ってしまうことで、三人の姉達は正気に戻り仲直り。勿論、都と熊本も...と言う内容。

ホームコメディといったタッチで、肩肘張らずに観ることができます。ということは、バックに映る当時の風景もしっかり観察できるということです。いくつか興味深い風景を見ることができます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

おひかえあそばせ(1971年)~新宿西口・着物~

おひかえあそばせ DVD-BOXおひかえあそばせ DVD-BOX
(2003/06/25)
石立鉄男・大坂志郎他

商品詳細を見る

昭和46(1971)年に日本テレビ系で放映された、ユニオン映画製作の作品。
出演は石立鉄男・大坂志郎・宮本信子・岡田可愛・富士真奈美他。

6人の娘を持つ池西(大坂)は定年退職の日、部下から紹介された初老男性(十朱久雄)から「フランスに移住するから...」と格安で一軒家を(退職金で)購入する。が、「薫という子供の部屋だけはそのままに」というのが格安である条件だったが、引っ越してみると「薫」というのは娘ではなく息子(石立)であることが判明して大騒ぎに...という内容。

昭和52(1977)年の「気まぐれ本格派」まで続く、いわゆる「石立ドラマ」の第一弾...っていうのはさっき知りましたが、第1話から興味深いシーンが多くて楽しませてくれます。

more...

theme : 懐かしいテレビ番組
genre : テレビ・ラジオ

お早よう(1959年)~テレビ・洗濯機・団地~

お早ようお早よう
(2005/08/27)
佐田啓二

商品詳細を見る

昭和34(1959)年に公開された、松竹制作による作品。
出演は笠智衆・佐田啓二・久我美子・三宅邦子他、監督は小津安二郎。

東京郊外にある平屋集合住宅を舞台に、どこにでも起こりうるであろう「庶民の日常のいざこざ」を描いた作品。笠・三宅演じる夫婦(と子供2人)の林家では、子供達が「テレビ買ってくれやい」とうるさい。両親が叱ったところ、2人の子供(中学生と小学生)は「だんまり作戦」を敢行。あげくには家出をして大騒ぎとなる...が、子供達が英語を習っている近所に住む平一郎(佐田)が探して、一緒に連れて帰宅する。すると、家には父親が購入してくれたテレビが届いていた...という内容。

上記が話の軸とはなりますが、これと言ってストーリーらしいストーリーもなく、庶民の日常を淡々と描いている...という印象です。いやぁ、こーゆーの好きですね。複雑な筋を追う必要もないので、当時の日常風景やバックを堪能することができます。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

東京おにぎり娘(1961年)~新橋・新宿~

昭和36(1961)年に公開された、大映制作による作品。
出演は若尾文子・中村雁治郎・川口浩・川崎敬三他、監督は田中重雄。

新橋にある「テーラー直江」。店主の鶴吉(中村)が昔気質のため、時代に取り残されて売上はサッパリ。そこで娘のまり子(若尾)は、店を改造して「おにぎり屋」を始めて大盛況。そんな中、叔母(沢村貞子)が、まり子と幼馴染の五郎(川口)との結婚話を持ちかける。五郎に少なからず好意を抱いていたまり子は満更でもない様子。しかし、五郎が勤める劇場の踊り子みどり(叶順子)が、鶴吉が別の女性に産ませた子(まり子との異母姉妹)だと判明して大騒ぎ。結局、五郎はみどりが好きだということで、まり子は失恋...するが、鶴吉のかつての弟子で、今は独立・成功して「昔の恩返し」で「おにぎり屋」の開店資金を貸してくれた幸吉(川崎)と...という内容。

この作品は、新橋・有楽町・新宿でロケされているので、バックの風景を見ているだけで興味深くて楽しいですね。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

宇宙人東京に現わる(1956年)~高井戸駅~

宇宙人東京に現わる宇宙人東京に現わる
(2005/12/22)
刈田とよみ

商品詳細を見る

昭和31(1956)年に公開された、大映制作による作品。
出演は川崎敬三・苅田とよみ・山形勲他、監督は島耕ニ。

日本初のカラー空想特撮映画。世界中で謎の円盤が目撃される中、日本にヒトデ型宇宙人のパイラ星人が現れる。友好的な彼らは、人間の姿に変身をして接触。原水爆開発と、研究中である元素開発の停止を進言する。そんな中、地球に向かって新天体Rが接近・衝突しつつあることを教える。それを受けて科学者達は世界各国に原水爆を発射するよう訴えるも相手にされず、いざ各国が発射しても効果ゼロだった。しかし、パイラ人が例の元素を爆弾にしてRに発射、地球は救われる...という内容。

ヒトデ型宇宙人をデザインしたのが岡本太郎だったのに驚いたり、科学者の1人がいつも立ち寄る飲み屋の屋号が「宇宙軒」で「そりゃないだろう」と思ったり...とつっこみどころ満載で、面白く観ることができます。
しかし、個人的に惹かれたのは冒頭のシーン。

more...

theme : 映画を見て、思ったこと
genre : 映画

アクセス数
ブログ内検索
プロフィール

padavona

Author:padavona
昭和30~40年代って面白い...ので、当時の映画・テレビ番組から気付いたことを気の向くまま書いています

ブログランキング

FC2Blog Ranking

QRコード
QRコード
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
RSSフィード
リンク  ご自由にどうぞ!